スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題。

たまには昔の話をしてみようかな。




まだ20代のはじめ。
アタシはバイトである会社にいた。
その部署に新入社員として入ってきた彼は
某国立大学卒、サッカー部主将。
新入社員と言っても
大学に8年もいたので当時すでに26歳。

世の中を達観したような
独特な雰囲気を持つ彼に
当時のアタシはとても惹かれた。
よく食事に誘ったり誘われたり。
先輩女性社員の中には
彼に想いを寄せてる人もいたみたいだけど
負ける気はしなかったわ。


あれは確か年末の仕事納めの前夜。
仕事が終わっていっしょに食事して
まだ帰りたくないな、と言ってみたら
ホテルで一夜を過ごすことになった。
夜景のきれいな都心のシティホテル。
学生の身分ではなかなか泊まれない。
社会人とつきあうメリットね(笑


抱き合って眠り、
翌朝、仕事納めをしに
定時に間に合うよう慌てて出かけた彼。
バイトの御身分のアタシは
ゆっくりと起きて一度家に帰って着替え
お昼頃に出社。
すると先輩女性社員が小声で話しかけてきた。

「ねえねえ、沙羅ちゃん。
 ○○くん、昨日と同じシャツにネクタイなの。
 夕べ誰かとお泊まりしたのよ、きっと」



























ごめん。それアタシだからw



当時から秘密主義のアタシ。
先輩社員には
「さぁ、誰とお泊まりしたんでしょうねぇ?」
とシラをきっておいた。


そんな風にしてしばらくつき合っていたら。






続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。