スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前は手触りもボリュームも

それなりにあったアタシのおっぱい。
そんなに大きいわけじゃなかったけど、
寄せて上げればちゃんと谷間もできていた。


なのに・・・


年齢のせいなのか、
女性ホルモンが不足気味なのか(オトコマエだし・笑)
このままいくとマジで貧乳の域に突入してしまう。


今のうちになんとかせねば☆


思い立ったら即行動。
こんなところ
こんなところを覗きながら
密かにいろいろ試している。


そうか。
バストアップサプリというのがあるんだな。

んで、購入(早っ)
さっそくせっせと飲んでみる。
体験談によれば
「2週間でみるみるハリが出てきました!」
とか書いてある。


飲み始めてかれこれ3週間、

























アタシのおっぱいは沈黙を保っている



口が悪くて妙に博識な彼に言わせれば、

「サプリなんていうのは、その効果を信じる人だけに効くんだよ。
 沙羅さんは無理無理」


なんでも「プラシーボ効果」というらしいけど、
新薬の開発の時などに、
本物の薬と、そっくりの疑似薬(中身はビタミン剤など)をそれぞれ投与すると
疑似薬のグループにも病気が治ったりする者が出てくるらしい。

「これは効くんだ」と信じて飲めば、治るってことね。

で、根っからのへそ曲がりであまのじゃく、
そう簡単に信じてたまるかが生きるポリシーのアタシには
どんなに有効成分の詰まったサプリでも
絶対に効きっこないというのだ。


失礼な。
でも当たってる。



サプリがダメなら、マッサージだ。
おっぱいを育てるマッサージを毎日のお風呂タイムに実践。

脇からのお肉を寄せながら、ゆっくりと揉みほぐす。
大きな円を描くように。
柔らかな感触が心地いい。


だけどおっぱいの中心には乳首がある。
マッサージしていると、手のひらや手首がどうしても触れる。
だんだん別の気持ちよさがひたひたとやってくる。


乳首をかるく弾く。
偶然じゃない、確信的に。
ぴんと立った乳首はなおも刺激を求めている。
期待に応えるようにつまんであげる。
微弱な電流が背中を走る。


その頃にはヴァギナもしっとり潤ってくる。
指を伸ばすと触れる熱い泉。
しばらくスリットの上を指でなぞる。
泉はなおも溢れてくる。


中指をそっと沈めてみる。
第一関節を曲げて敏感なスポットを刺激する。
ぴちゃ・・くちゃ・・・
淫らな音がさらに欲情をかきたてる。


2本目の指をいれる。
もう止められない。
奥のさらに奥をかきまぜるように
熱くて締め付ける壁を押すように
アタシの指がアタシの中で踊り出す。


あぁ・・・
あなたのペニスを思い出すわ。
こうしてアタシをめちゃくちゃに掻き回した。
そうだよ、沙羅。
そしてこんなに君は濡れて、こんなに締め付けてきたんだよ。
指の感覚がそのままあなたの囁きに聞こえる。


高みへと徐々に上ってきたのを感じながら
もう一方の手をクリトリスへ。
さわって、ここもさわって。
存在を精一杯主張しながら、
アタシの可愛い真珠の粒が身を震わせている。


溢れ出す愛液をまとった指が
敏感なそれを弾く。

「んふ・・・」

押し殺しても声が漏れてしまう。
中に入れた指と外から弾く指の刺激で
快感の波が腰のあたりにどんどん集まってくる。
太ももから膝にかけてが
細かく震えてくるのがわかる。

愛液の粘度が薄まって
サラサラしてきたと思ったその刹那、

「ん・・・あ!・・・」

我慢しきれなくなったアタシのおまんこは
潮を吹いた。


でも。
ここが終着点ではないことを
アタシはすでに知っている。
一度潮を吹いたその後、さらに上まで駆け上れることを。


アタシの指はすでにアタシではない。
容赦なく、確実に、
クリトリスへの刺激を繰り返している。

2度目の噴出。


まだまだよ。
まだエクスタシーは続いている。
四つんばいになって腰を高々と掲げるアタシ。
腕を大きく伸ばして、
股の間から手を差し入れる。


愛液と潮とが混じり合い、
アタシの太股を伝っている。
指がふれたそこにも
たっぷりとまとわりついている。
今なら‥‥今なら入れられるわ。

「沙羅さん、ここは初めて? だったら僕が奪っちゃおうかな」

そう言って悪戯っぽく笑った彼の顔が思い出される。
それからも何人かの男が時々戯れに指を入れた。


驚くほど滑らかに指が吸い込まれる。
アタシのアナルが歓喜の声をあげる。
別の指をヴァギナに入れて
間の壁をこすりあげる。


何度目かの絶頂。
もう何も考えられない・・・





いや、待て。







































おっぱいはどこへ行ったのだ


ダメだ、マッサージも。
おっぱいは育たず、性感のみが高まっている。
(誰かなんとかして)



↑こっちに乗りかえてみた。押してくれたらもうひと喘ぎしちゃう♪
スポンサーサイト

あぁヤリたいヤリたいヤリたい・・・

思い切りグチャグチャになるまでヤラれたい。
全身の性感帯をいやらしく舐めまわされたい。
体の中心を深々と貫かれて
気が狂いそうになるまでイッてみたい。



ねえ、アタシいま
すごーーーくセックスしたい気分なんだ。


なのに・・・


彼氏1は彼女とトラブル抱えてるみたいでデートは自粛中。
(めんどくさいオンナとつき合ってるんでしょ)


彼氏2は400キロ彼方の某県に1週間の出張中。
(飛ばされるようなことしたのかよ)


彼氏3は アタシと激しくセックスし過ぎて ボードのし過ぎで腰を痛めて入院中。
(入院するまでするなよ)






















まったく、どいつもこいつも




しょうがない。
こんな時は久しぶりにエッチなAVでも見るか。


で、パソコンでダウンロード♪(←便利よねぇ~)
んー、やっぱり動画はちょっと時間かかるわね。




正直に言うと、AVではエッチな気分にはなっても
最後まで逝くことはできない。
男性と違って視覚がエクスタシーのスイッチと
直結してないせいかな。

そのかわり、
AVの中にはさまざまな性技があふれている。
他人のセックスを見る機会なんてほとんどないから、
これは大いに参考になる。
あ、こんなの今度のデートの時に
試してみようかな♪
などと彼とのセックスを想像すると
濡れてくる。

あとはイメージトレーニングだ。
はじめて潮を吹いた時は
自分でもわけがわからなくて
加藤鷹さんのビデオにお世話になった(笑)
そうか、こういうわけで潮を吹いたんだ。
納得。
そして自分でも潮を吹かせられるようになった。

フェラのしかたもAVでずいぶん研究した。
若い男優を
「ねぇ、こうすると気持ちいいんでしょ?」
と、お姉さんが延々フェラするビデオ。
とまどい気味だったペニスが
みるみる硬く大きくなっていく様に
アタシまで興奮したわ。




と、まぁこれまでに
心に残るAVはいくつかあれど
さーて、今回のはどんな収穫があるのかな♪





















女の子が水着を着て
浜辺を駆けるシーン。
バックには夏をイメージする
軽快な音楽。


いらねーよ、そんな映像(`ヘ´)


いよいよ男優に押し倒される。
いやいやと言いつつ、足を開く女の子。
いやらしい指がアソコに迫る。


モザイクかけんなよ(`ヘ´#)


指でぐちょぐちょにされるヴァギナ。
お尻の方まで滴る愛液。
男優のペニスも大きくそそり立っている。
腰に手をかけ、
見せつけるように挿入。






そこで終わりかよ!(`д´)ゴルァァァァァ



ちぇ。ハズレだぜ。
(↑いつのまにか男の視線になってる)



ランキング
↑お世話になったことのある方はクリックを♪

ペニスのことを書いたので

今度はヴァギナのことを書いてみる。

(余計なお世話だが、カイシャやガッコのPCから見てる人は
 今回は人目を忍んだ方がいいよ。
 いきなりおまんことか出てくるから・笑)



オンナも40近くなってくると
さすがに外見では勝負できない。
肌の色艶は20代のピチピチした女の子にはかなわないし、
体型だって少しずつだけど崩れてくるし。

何よりあんなにボリュームのあった胸やお尻のお肉が
重力に逆らえなくなってくるのが哀しい。

いわゆる「垂れてくる」というやつね。



ええい、外見で勝負できないんなら

中身で勝負してやる!
(え?それで“おまんこ”の話? そっちの中身かよ!)





というわけで(どーいうわけだか)
アタシのこの頃の自慢は、ヴァギナの締まり具合だ。
自分では気づかなかったが(当たり前か)
彼が教えてくれた。


いわく、


「奥の方がめちゃくちゃ締め付けてくるんだよ~」


「特に感じてくると凄いんだ。ぎゅーって押し出されそう」


「そのぎゅーってなってるところに、グリグリって突っ込むのがイイんだ」


「すごい気持ちいいよ。この前なんて夢に出てきたもん」


「ほんとに、なんでこんなに締まるの? すごい名器だよね」


「あ~もう、このおまんこのためだったら、オレどうなってもいいよ」





















おほほほ。どんなもんよ( ̄▽ ̄)V



どうやらアタシのヴァギナは、入口はそれほど締め付けないかわりに
奥の方が凄い締まるらしい。
だからちょっとでも硬度や長さが足りないと
追い出してしまうんだそうだ。



中途半端は許さないおまんこ


すごい。アタシの性格そのものだ。




彼は、逢うたびにアタシのことを褒めちぎる。
いや、正確にはアタシのおまんこを。

あげくの果てに



























「ねえ、沙羅さん。おまんこだけ置いてって」
(↑ほんとに、中身だけかよっ!)


喜んでいいんだか。



ランキング
↑ギュウギュウ締め付けられたい人はクリックを♪

バレンタインバレンタインって

あー、もううざいんだよっ(怒)

っていう本音は隠して、オトナらしく
仕事先でスタッフとの話題に加わるアタシ。

話題の中心は20代前半の女の子だ。
先輩たちから「おい、お前、チョコは渡したのか?」と絡まれている。

「えー、だってぇ、チョコ渡すときって告白しなくちゃいけないんですよねぇ」


え?そうだったっけ?


「チョコあげるのはいいんですけどぉ、告白するのがなぁ。勇気いりますよねぇ」


いや、そんなこともないと思うが。


「で、告白してもダメな時って、チョコも返されるんですよねー。
 これは貰えないとかって」



そんな男気のある奴なら、アタシにまわしてくれ。


「あー、やっぱりダメですよぉ、私。コワクって。ねぇ沙羅さん」





それまで適当に微笑みながら、

「そうねぇ」
「でもとりあえず気持ち伝えないとわからないんじゃない?」
「そんな、チョコもらって嬉しくない男の人なんているかしら?」


などと応えていたアタシ。
でも、プッツンと何かが切れる音がした。


























ええい、うだうだめんどくせぇ。
とりあえず好みのオトコにはチョコ配っておくんだよ。
で、釣れたらラッキー☆って思えばいいんだよ。




「えー、そんなもんですかぁ」




ああ、そうだよ。だいたい








愛の告白ならいつだってしてやる。

チョコはあげるもんじゃなくて貰うもんだよ




「きゃー、沙羅さん、オトコマエ~♪」



あぁ、またやっちまった。
女にモテてもしょうがないっての。
(できれば思い切りビターなチョコにして・笑)



ランキング
↑チョコあげた人ももらった人もクリックを♪

いろんな人のペニスを見てきたが

なんだ、あんまり変わんないじゃん
とずっと思ってきた。

確かに個性はある。
だけど大きさや長さに
さほど差があるとは思えなかった。


なのに・・・










出会ってしまった♪






入れた時から「ん?」とは思った。
なんだろう?このフィット感。
ふだんは届かないようなところに
コツコツと当たる感覚。


彼は勢いだけで突きまくるタイプではなく、
いろいろに体位を変えながら
じっくりと攻めていくのが好きらしい。
アタシもそういうの好みだから
きっとセックスの相性がいいんだわ
ぐらいに最初は思った。


「なんか‥すごくイイわ‥‥当たる感じが‥‥」

「沙羅さんのもすごいよ‥‥あぁ、締まる、気持ちいい‥‥」


お互いに快楽を貪っていたその時、

「ピンポーン♪」

頼んでおいたドリンクが届いたらしい。

「ちょっと休憩!」

そう言って、ペニスを引き抜く彼。
ドリンクを取りにベッドから立ち上がった時に
見てしまった。












空を突いて大きくそそり立つペニスを


そのあと、フェラした時もあらためて思った。
口いっぱいに満たしてくる
圧倒的な質量。
太くて長いのだ。
それがアタシの口の中で
どくどくと脈打っている。
先からは透明な汁が溢れてきている。





興奮して、アタシも溢れそうだ



飲み物を飲んで休憩したあと、
再びアタシの中へ入ってきた。
太くて長いペニスだと
ふつうは不可能な体位までできるから楽しい。

正常位から体をずらし
松葉崩しのような形に。
そのまま彼はアタシと直角の位置に横向きに寝る。
ちょうどあそこをペニスでぴったりと
フタをしたような感じ。

そのままコリコリと子宮口を突きながら
上になった右手でアタシのクリを刺激する。
もう頭の中が真っ白に飛んでいきそうだ。


絶頂に達したアタシを今度は裏返しにする。
バックでくるのかと思って膝を立てようとすると
そのままでいい、という彼。

足を伸ばしてうつ伏せで寝たままで
入って来れるのは長いペニスだからできる技ね。


さんざん感じていたせいか、
長い長い挿入時間もまったく苦痛ではなかった。
痛みを感じることもない。

ただ、ちょっと奥の方がじんじんと
余韻として残っていたけれど。






その余韻をしばらく楽しんでいたアタシ。
帰り道に薬局へ寄って、そう言えばもうすぐ始まるのに
在庫がなくなりかけてたなと、思わず

























スーパーサイズのタンポンを買っていた(^^;
(↑レギュラーサイズより太いんです♪)


病みつきになったらどうしよう(何にだよ!?)


ランキング
↑スーパー?レギュラー?どちらの人もクリックを♪

人妻さんのページ

http://http://aaahoney.blog16.fc2.com/でご指名いただいたので。


「ラブバトン」

●性別は?

 女です。(外見も中身も♪)

●身長と体重教えて。

 どっちもひ・み・つ!

●好きな異性のタイプは?(見た目と性格)
見た目:

 そりゃ、顔はいいにこしたことはない。
 それよりも指フェチなので、指の細くて長い人が好み。
 あとは姿勢の良い人。自分に自信のない男はたいてい猫背だ。

性 格:

 いじわるで性格の悪い人。(なんだそりゃ?と良く言われるが)

●人を束縛するタイプ?

 まったく。束縛されるのも嫌。

●浮気の境界線は?

 うーん。私自身は自覚したことありませぬ。
 常に「恋愛」してると思ってるから。
 夫も恋人も、それぞれ別の土俵だけど「本気」のつもり。

●初恋の人に気持ちを伝えましたか?

 伝えた・・・かなぁ。なにせ幼稚園の時だもので(^^;A

●恋人とのデートは週に何回が理想?

 何回でも♪

●ドキッとする異性の仕草や行動は?

 髪を触られるとドキッとする。
 強気な人がふと見せる寂しそうな顔もそそるよぉ(笑)

●今、好きな人、付き合ってる人、気になる人 そんな方に一言どーぞ。

 逢っている時や話している時は、貴方のことだけ考えてるわ。
 お互い濃くて楽しい時間を過ごしましょ♪

●バトンを回す5人

 ここに落としておきます。
 欲しい方はご自由に拾っていってくださいな。

「ラブバトン」
●性別は?
●身長と体重教えて。
身長:
体重:
●好きな異性のタイプは?(見た目と性格)
見た目:
性 格:
●人を束縛するタイプ?
●浮気の境界線は?
●初恋の人に気持ちを伝えましたか?
●恋人とのデートは週に何回が理想?
●ドキッとする異性の仕草や行動は?
●今、好きな人、付き合ってる人、気になる人 そんな方に一言どーぞ。
●バトンを回す5人





はじめてバトン☆というものをもらったが、

















果たしてアタシなんかの答えが
何かの役に立つんだろうか?

(↑かなりギモン)



ランキング
↑バトン好きの人もそうでない人もクリックを♪

潮が吹けるようになって幾年月、

とうとう見ちゃったよ、
自分が潮吹く瞬間を。


最近はひとりエッチでも毎度吹いちゃって、
しかもクリでも中でも吹ける始末。
もちろんベッドではできない。
お風呂かトイレ、とにかく水回りだけ(笑)


その日もお風呂でひとりエッチ・・・
してたわけじゃないのよ、最初は。
ただアンダーの毛の処理をしておこうと
手鏡と毛抜きをお風呂場に持ち込んで
自分のアソコを映しながら格闘していたの。


もちろん姿勢はM字開脚
ヴァギナのまわりの毛を少なくしておくと
エッチのときの感度も高まるし
何より舐めやすいし(笑)
というわけで、せっせと励んでいたところ。


ヴァギナの中まで見えそうなくらいの鏡の中身と
プチプチ毛を抜く刺激が加わって











だんだんエッチな気分になってきた



時々、指で入口に触れたり、
クリを弾いてみたり、


そんなことをやって遊んでいたら
どんどん濡れてきて。


白っぽい愛液が自分の中から湧き出してくるのを
うへ~~~~って思いながら眺めてたら、


























ぴゅーっ♪と液体が飛び出した!



時間にしたら3秒から5秒くらいだったと思う。
液体は無色透明。
ちょうど公園の小便小僧がおちんちんから水を出してる
あんな角度。(わかる?・笑)


しばらくボーゼンとするアタシ。
だって、今まで潮って指とかペニスとかの
物理的な刺激が加わってはじめて出るものだと思っていた。
吹く瞬間は、気持ちよさに頭がボーっと霞んできて
真っ白に飛びそうになるし。


確かにその時はちょっとエロい気分ではあったけれど
頭がぶっ飛びそうなほどではなかったし、
中を掻き回したり、クリを激しくこすったりといった
指の動きもほとんどしていない。
ただ鏡の中の映像にちょっと興奮してただけ。



これってさぁ、

























中学生がエロ写真見ただけで射精しちゃうのと
一緒ってことかしら?

(↑かなりヤバイ?)





でも自分で見て確かめてはっきりしたことがある。

みなさん!(誰に向かって言ってる)
潮はオシッコの出る穴から出ます。
決してヴァギナから吹くわけではありません。

そして出てくる液体はオシッコとは似て非なるもの。
生あたたかいけれど、
色も匂いもありません(これは吹いたことある人にはわかるよね)

私の体感だけど、
あの正体はオシッコになる前の水分なのかなぁ。
あの水に腎臓で漉された老廃物が加わると
色と匂いがついてオシッコになるのかと。

じゃあ、なんでエッチの時に吹き出るのかと言われても
私にはわかりませんが(笑)
女性の体の神秘ってことで♪


ランキング
↑ためになってもならなくてもクリックを♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。